機能情報

|機能情報

機能追加・アップデート|TeamsBot対応、複数スマートスピーカー鳴り分けほか大型アップデートを実施

「すべての人が自信を持って幸せに働ける世界をつくる」という企業ミッションを掲げ、創業以降、ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」や名刺管理ソリューション「CAMCARD BUSINESS(キャムカードビジネス)」という “普段のビジネスシーンをより快適にする” サービスを提供してきたワウテック株式会社(東京都港区、代表取締役 瀬沼悠、以下「ワウテック」)。 当社は、クラウド型受付システム「WowDesk(ワウデスク)」の機能の大幅なアップデートをおこない、新たな機能が4つ追加されたことをお知らせいたします。   ◆ 今回アップデートした機能をご紹介 TeamsBot対応(Teams連携でご利用のお客様対象) カスタマイズ質問項目 ボタン毎受付完了メッセージ 複数スマートスピーカー鳴り分け   (1)TeamsBot対応(Teams連携でご利用のお客様対象) クラウド型受付システム「WowDesk」は、2021年6月にMicrosoft Teams(以下、Teams)との連携をおこないました。さらにTeamsと連携してWowDeskを利用しているお客様からの要望を受け、この度連携方法としてTeamsBotへの対応を追加しました。 従来の連携方法ではMicrosoft365アカウントを1つ追加することが必要でしたが、TeamsBotを使う連携方法ではそれが不要になります。 ※TeamsBotでの連携方法は、1テナントに対して1つとなります。また、Teamsの管理者による操作が必要です。詳細はお問い合わせください。 WowDeskのTeamsBotはカスタムアプリとして提供します   (2)カスタマイズ質問項目 来客に対して質問を提示して、回答の記入を求めることができるようになります。 例えば、車での来訪が多い場合には「車両ナンバーの入力」や、当日の体温を記録したい場合は来客に「体温の入力」を求めることができます。 また、質問項目は受付ボタン毎にカスタマイズすることができますので、例えば「配送業者様」のボタンを押した場合には「配送業者名」を回答させて、その他の来客の場合には「同行者数」と「体温」を質問して入力させるなど、フレキシブルな設定をおこなうことができます。 なお、来客が入力した回答は、WowDesk管理画面で履歴をエクスポートすると確認することができます。 例:来客の電話番号の入力を求める   質問への回答を全て入力した後は確認画面を表示します これにより、紙の受付票にこれらの情報を記入してもらい来客管理をしていた企業様でも受付システムへ置き換えることが容易になりました。   (3)ボタン毎受付完了メッセージ WowDeskで受付操作を完了すると、これまでもカスタマイズしたメッセージ付きの受付完了画面を表示することができましたが、今回のバージョンアップにより、来客が操作した受付ボタンによって異なるメッセージを表示することができるようになりました。 例えば、一般の来客の場合には会議室コーナーまで進んでもらい、面接での来客の場合にはその場でお待ちいただくなど、来客の種類に応じた応対のフローを表現することができます。   受付ボタン毎に完了画面に異なるメッセージを表示します これにより、導入企業のレイアウトや応対フローに対してこれまで以上に柔軟な設定を反映した受付システムでの受付業務がおこなえるようになります。   (4)複数スマートスピーカー鳴り分け WowDeskを導入しているお客様に好評を博しているスマートスピーカー連携ですが、今回のバージョンアップにより、受付ボタンとスマートスピーカーを紐付けて特定のボタン操作で特定のスマートスピーカーを鳴らすことができるようになります。 来客がWowDeskで受付をおこなうと、連携させたビジネスチャット(TeamsまたはWowTalk)を通じてテキストで通知されます。さらに、お客様が用意したスマートスピーカーをWowDeskと連携させることで、受付内容を声でお知らせすることができ、PCやスマートフォンの画面を見られない環境でも、来客情報を素早く把握することができます。 これまでも1台の受付システム(WowDesk)に対して複数のスマートスピーカーを連携することはできましたが、来客が受付操作をすると全てのスマートスピーカーが鳴る仕組みになっていました。 今回のバージョンアップ以降は、各ボタンにどのスピーカーを鳴らすのかを個別に設定することができるようになり、例えば営業部宛の来客の場合は営業の島に近いスマートスピーカーが鳴り、管理部宛の来客の場合は管理部の島に近いスマートスピーカーを鳴らすなど、よりメリハリの利いた音声通知が可能になります。 受付ボタン毎に鳴らすスピーカーを選択できます ※現在対応中のスマートスピーカーは、Google社製のGoogle Nest製品となります。   ◆バージョンアップをおこなった背景

2022-11-15T08:53:35+09:002022/11/16|機能情報|

機能追加・アップデート|予定のプライバシー設定機能を提供開始

「すべての人が自信を持って幸せに働ける世界をつくる」という企業ミッションを掲げ、創業以降、ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」や名刺管理ソリューション「CAMCARD BUSINESS(キャムカードビジネス)」という “普段のビジネスシーンをより快適にする” サービスを提供してきたワウテック株式会社(東京都港区、代表取締役 瀬沼悠、以下「ワウテック」)。 当社は、クラウド型受付システム「WowDesk(ワウデスク)」の機能のアップデートを行い、予定のプライバシー設定機能を公開したことをお知らせいたします。 なお、本バージョンアップの実施は、本日18時頃の実施を予定しています。   ◆作成した来訪予定のプライバシー設定が可能に クラウド型受付システム「WowDesk」は、アポイント情報を利用者画面から新規予約作成することで、4桁の受付番号が発番されます。作成した予約内容は、WowDeskの利用者画面の予定リストに表示され、今後の来訪予定の確認が可能です。 次に来訪者は4桁の受付番号を端末へ入力することで、訪問先担当者へ来訪通知を届けることができます。そして、来訪対応を行うことで作成した予約情報は、予定リストから履歴へと情報が移行されます。これにより、来客対応を行った来訪者リストは履歴から確認することが可能です。 今回のアップデートでは、新規予約作成した予約内容の非公開設定の機能追加を行いました。非公開設定を設けることで、予約者の会社名・氏名・メールアドレス・コメントなど予定の詳細を他の従業員から閲覧できないようにすることがユーザー側で設定いただけるようになります。いままでは作成した来訪予約内容が全ユーザーが閲覧できる仕様となっていましたが、来訪予約の内容に応じて「公開」「非公開」のプライバシー設定が可能となります。 利用者画面から新規予約作成したリストの公開・非公開設定が可能。 非公開にした予定は、作成者のみ予定が閲覧ができます。 案内待画面には、公開・非公開全ての予定が表示されます。 履歴画面では、非公開設定したリストは作成者もしくは対応者のみ閲覧できます。 予定のプライバシー設定は、プランに関わらず全てのWowDeskユーザーでご利用が可能です。   ◆プライバシー設定の使い方 以下のような予定などでプライバシー設定をご活用いただけます。 採用面接 公開前のプロジェクトMTGなど 役員のアポイント プライバシー設定を非公開とすることで、来訪者の氏名・社名・メールアドレス・メモなど予定の詳細を他の従業員に見えないように設定ができます。   ◆利用者画面の履歴を表示・非表示設定を行えるようになります WowDeskでは、来訪対応を行った情報は履歴へ反映されることで来訪者情報の確認を行うことができました。また履歴情報は、WowDesk全ユーザーが閲覧することが可能でしたが「非表示設定」を行うことで全ユーザーが見えないよう設定が可能となりました。シェアオフィスなどの共有施設の受付として利用する場合、他の入居企業や施設への来客履歴が確認できてしまうのは不都合であり、履歴の表示をオフにする設定を追加しました。 なお、管理画面では従来通り履歴の確認が可能なため、来訪者情報や訪問頻度の管理・運用は従来通りデジタル管理をおこなえます。履歴情報を確認できるのを管理者に制限したい企業や共有施設の運営者も、これまで以上にWowDeskの運用がしやすくなります。   ◆その他アップデート項目 マルチテナント化 プロキシ環境向けの設定を追加 WowBotへの対応(WowTalk連携時のみ) 番号なし受付-訪問部署選択時に、来客が選択可能な部門を制限する機能(WowTalk連携時のみ)   ◆バージョンアップをおこなった背景 個人情報の漏洩やパーソナルデータの不適切な利用など、企業を取り巻く環境には常にリスクが存在しています。WowDeskをご利用いただく際には、各担当者様に来訪予約を作成していただく操作がございます。その際に、来訪者の会社名・お名前、メールアドレスなどの個人情報の項目を入力していただきます。 予約内容の閲覧制限や来訪者履歴の表示制限を行うことで、情報公開の制限が可能となりました。企業様ごとの様々なプライバシーポリシーに基づいた運用をしていただくため、今回のプライバシー設定機能および履歴の非表示設定を追加することとなりました。   ◆会社情報 ワウテック株式会社 https://www.wowtech.co.jp 所在地: 東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ4F 代表者: 代表取締役 瀬沼 悠 資本金: 110百万円(資本準備金含む) ワウテックは、クラウド型受付システム「WowDesk」、ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk」、名刺管理ソリューション「CAMCARD BUSINESS」を中心に、法人向けITソリューションを自社開発・運営しています。 ビジネスにおけるコミュニケーションに新しい価値を提供し、安全で確実な改善をビジネスに携わる誰もが実感する、そのための手段、そして課題解決をシンプルかつ新しい驚きに満ちたやり方で実現します。  

2022-02-22T09:09:42+09:002022/02/25|機能情報|

機能追加・アップデート|担当者名検索機能を提供開始

「すべての人が自信を持って幸せに働ける世界をつくる」という企業ミッションを掲げ、創業以降、ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」や名刺管理ソリューション「CAMCARD BUSINESS(キャムカードビジネス)」という “普段のビジネスシーンをより快適にする” サービスを提供してきたワウテック株式会社(東京都港区、代表取締役 瀬沼悠、以下「ワウテック」)。 この度、ワウテックは2019年10月に第3のサービスとして提供を開始したクラウド型受付システム「WowDesk(ワウデスク)」の受付方法として、来客が従業員名を検索して呼び出す機能を新たに追加したことをお知らせします。 ※既存のお客様の環境については7月21日にバージョンアップいたします。 ワウテックが開発・提供する「WowDesk」は、受付端末にiPadを利用するクラウド型受付システムです。来客がWowDeskアプリから受付をおこなうと、担当者(個人・グループ)のビジネスチャットへ通知をおこない、正確にスムーズな受付ができるシステムです。またGoogleHome等のスマートスピーカーを連携させて、執務室内に音声で来客をお知らせする機能もご好評いただいています。 これまでWowDeskでおこなえる受付方法は、従業員が発行した4桁の受付番号を使う「番号あり受付」と企業側が自由に設定できる「カスタマイズ受付」が主に使用されていましたが、受付端末で来客が従業員を検索して呼び出しをおこなう受付方法をご希望されるお客様も多くいらっしゃいました。 WowDeskでは内線電話に代わるスムーズかつセキュアな受付方法として受付番号の利用を推奨しています。一方、従来型の受付のように、来客が従業員を指定して呼び出すことでよりスムーズな来客対応ができるメリットもあると考え、この度の機能提供に至りました。 なお、本機能はWowTalkとの連携で使う場合と、先日リリースしたMicrosoft Teamsとの連携で使う場合のどちらでも対応いたします。   ◆担当者名検索機能の詳細 来客が呼び出したい担当者を検索して通知できます フリガナの入力のみで検索できます デバイス単位で本機能のオンオフができます 機能がオンの場合でも、任意で検索対象から外すことができます   (1)来客が呼び出したい担当者を検索して通知できます 来客がWowDeskで担当者個人を呼び出した時は、「番号なし受付」のボタンを操作します。本機能がオンの場合に、訪問部署または担当者名のどちらかの入力を求める画面を表示します。 ※訪問部署または担当者名のどちらかの入力を求めます   (2)フリガナの入力のみで検索できます 来客が担当者名の枠をタップするとカナキーボードを表示します。フリガナを1文字以上入力すると候補となる従業員名を表示し、文字入力を進めると候補が絞り込まれます。来客は候補から呼び出したい従業員名をタップして送信ボタンを押すと、選択した担当者個人のチャットへ通知が送信されます。 ※フリガナを入力すると候補の社員名を表示、候補から選択して通知を送信します   (3)デバイス単位で本機能のオンオフができます 本機能のオンオフは端末ごとに設定変更ができます。そのため受付端末を複数導入している企業の場合、本社受付では本機能をオンに、支店や営業所の受付ではオフにする等の運用が可能です。   (4)機能がオンの場合でも、任意で検索対象から外すことができます WowDeskに登録されている従業員毎に、検索対象にする・しないを選ぶことができます。本機能は利用するが、役員や特定の従業員は検索結果に表示させないなどの細かな設定が可能です。 ※フリガナ検索結果の候補に表示する・しないを制御できます   ◆バージョンアップをおこなった背景 従来WowDeskでは、導入企業のセキュリティを考慮して、不特定の来客が従業員の氏名を容易に調べることができないよう、検索機能や社員リストの表示する機能を提供していませんでした。 ただし、導入を検討いただく企業によっては、従業員が受付予約をおこなうことが利用促進のハードルになることがあり、来客が呼び出したい従業員を探す受付方法も加えることで、より多くの企業が受付システムの導入を進めることができると考え、本機能を提供することにしました。 今後も「WowDesk」は様々な機能を拡充していくことで、より利便性が高く、従業員にも来客にも親しみを持たれる受付システムを目指していきます。   ◆会社情報 ワウテック株式会社 https://www.wowtech.co.jp 所在地: 東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ4F 代表者: 代表取締役 瀬沼 悠

2021-07-19T09:58:15+09:002021/07/20|機能情報|

機能追加・アップデート|Microsoft Teams連携開始など大幅なバージョンアップを実施

「すべての人が自信を持って幸せに働ける世界をつくる」という企業ミッションを掲げ、創業以降、ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」や名刺管理ソリューション「CAMCARD BUSINESS(キャムカードビジネス)」という “普段のビジネスシーンをより快適にする” サービスを提供してきたワウテック株式会社(東京都港区、代表取締役 瀬沼悠、以下「ワウテック」)。 この度、ワウテックは2019年10月に第3のサービスとして提供を開始したクラウド型受付システム「WowDesk(ワウデスク)」が、新たにMicrosoft Teams(以下、Teams)への連携を開始したことをお知らせいたします。また、従来よりさらに使いやすい仕様となるようシステムを見直し、細かな仕様変更をおこない、バージョンアップをおこないました。 ※既存のお客様の環境については、7月中旬頃のバージョンアップを予定しています。 ワウテックが開発・提供する「WowDesk」は、受付端末にiPadを利用するクラウド型受付システムです。来客がWowDeskアプリから受付をおこなうと、担当者(個人・グループ)のビジネスチャットへ通知をおこない、正確にスムーズな受付ができるシステムです。またGoogleHome等のスマートスピーカーを連携させて、執務室内に音声で来客をお知らせする機能もご好評いただいています。 これまでWowDeskが対応するビジネスチャットは、同じくワウテックが開発・提供する「WowTalk(ワウトーク)」のみでしたが、その他のビジネスチャットツールへの対応をご希望されるお客様も多くいらっしゃいました。 この度、その第一弾として、マイクロソフトが提供する「Teams」への連携を開始し、「Microsoft365」および「Teams」を業務利用しているお客様の環境でも、「WowDesk」を導入いただき、来客の際に担当者のチャットおよびグループのチャネルで通知を受け取ることができるようになりました。   ◆Teamsへの連携の詳細 担当者個人へはTeamsのチャットへ通知 グループへはTeamsのチャネルへ通知 Microsoft365アカウントでのログイン 管理者による連携設定はMicrosoft365アカウントのサインインだけ   (1)担当者個人へはTeamsのチャットへ通知 来客がWowDeskで担当者個人を呼び出した時は、WowDeskから担当者個人のTeamsのチャットへ通知が届きます。 自分宛の来客からの通知をTeamsのチャットで受け取れるため、担当者は素早く来客の応対をおこなうことができます。また、担当者以外の社員のTeamsへは通知されないため、来客対応に直接関係のない社員の方にも通知されて業務の妨げになるようなことを防止します。 ※担当者のTeamsのチャットへWowDeskから来客通知が送られます チャットへの通知は、WowDeskで担当者が受付予約をして発行した受付番号による受付を来客がおこなった場合におこなわれます。また、近日リリースされる予定の、来客が担当者名を検索して呼び出す受付の場合にもおこなわれます。 もちろん、担当者がチャットを見逃してしまうことを懸念される企業様もありますので、WowDeskのその他の機能を併用することで、必要最小限のグループのチャネルに同時に通知して来客対応をアシストすることも可能です。   (2)グループへはTeamsのチャネルへ通知 来客がWowDeskで訪問する部署を呼び出した時は、WowDeskからその部署の社員が参加しているチームのチャネルへ通知が届きます。 Teamsのチームに予め受付対応用のチャネルを作っておき、そのチャネルに受付通知が届くことで、来客があったことを複数の社員が確認でき、来客対応忘れの防止や、担当者の手が離せない場合に他の社員がアシストをしやすくします。 ※TeamsのチャネルへWowDeskから来客通知が送られます チャネルへの通知は、来客が情報入力をして訪問部署を選んで担当者を呼び出した場合におこなわれます。また、導入企業が予め指定する用件等を表示するカスタマイズボタンでの受付の場合にもおこなわれます。 複数のチーム・チャネルへの通知の分散が可能なため、従業員数の多い企業で複数のチームで業務をおこなっている環境でも、WowDeskから適切なチャネルへの通知をおこない、スムーズな来客対応をおこなうことができます。   (3)Microsoft365アカウントでのログイン 導入企業の従業員は、WowDeskを利用するために専用のアカウントでログインをする必要はありません。管理者が従業員のWowDeskアカウントを作成後(下記の(4)参照)、普段お使いのMicrosoft365のアカウントでサインインするだけでWowDeskの全機能をお使いいただくことができます。 ※Microsoft365アカウントでサインインしてWowDeskを使用できます   (4)管理者による連携設定はMicrosoft365アカウントのサインインだけ WowDeskとTeamsの連携設定は、受付通知用のMicrosoft365アカウントを1つ用意して、WowDesk管理画面の指定箇所でそのアカウントでサインインするだけで完了します。 ※受付通知用のMicrosoft365アカウントでサインインすれば連携設定は完了です 従業員のWowDeskアカウントの作成やWowDeskからの通知を受け取るチャネル情報の引き継ぎも、管理画面の指定箇所で同期ボタンを押すだけでそれぞれ完了します。 ※管理画面上で同期ボタンを押すだけで、アカウント作成とチャネル情報が同期できます これらの簡単な設定方法により、Teamsへの連携設定に要する時間は数分間程度と非常に短時間で済みます。   ◆仕様変更の詳細 管理画面での管理者権限設定機能の追加

2021-06-23T18:34:54+09:002021/06/24|機能情報|

機能追加・アップデート|受付予約の一括作成・複製機能など4つの機能アップデートを実施

「すべての人が自信を持って幸せに働ける世界をつくる」という企業ミッションを掲げ、創業以降、ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」や名刺管理ソリューション「CAMCARD BUSINESS(キャムカードビジネス)」という “普段のビジネスシーンをより快適にする” サービスを提供してきたワウテック株式会社。 このたび、弊社は、2019年10月に第3のサービスとして提供を開始したクラウド型受付システム「WowDesk(ワウデスク)」に新たな機能が4つ追加されたことをお知らせいたします。   ▼今回アップデートした機能をご紹介 受付予約の一括作成機能 受付予約の複製機能 動画撮影機能のオンオフ設定 メモの表示形式の変更   1. 受付予約の一括作成機能 アポイントのデータを保存したCSVファイルをインポートすることで、受付予約を一括で作成することができます。 従来は、アポイントが決まった後に受付予約を1件ずつ作成する必要があったため、多くの受付予約を一度に作成する場合に時間がかかってしまうという課題がありました。今回リリースした一括作成機能を使うことで、一度に最大500件の受付予約を短時間で作成することができるようになります。 具体的な操作方法は、来客の会社名・氏名・メールアドレス・訪問日時・メモ等の必要となる情報をリスト化したCSVファイルをWowDeskの利用者画面でインポートするだけです。WowDeskに受付予約が一括で作成され、来客が使用する受付番号が自動で発行されます。 本機能の活用シーンとしては、採用面接で来社する多くの候補者の受付番号を作成する時、セミナーや各種説明会、ユーザーコミュニティなどのイベント等の来場者向けの受付番号を作成する時などがあり、一度に数十から数百名の受付予約を作成する場合に効果を発揮します。 Wi-Fi等の通信がおこなえる環境であれば、WowDeskをインストールしたiPadを受付端末としてどこでも利用できる利便性と本機能との相乗効果で、多くの来場者が予定される会場の受付としての利用など、従来の企業受付用途以外での使われ方も想定されます。 ※作成した受付予約は、これまで通り詳細画面よりカレンダーへの登録や来客に対するメール送信などをおこなうことが可能です。 アポイント情報をリスト化したCSVファイルを予定リストの「インポート」で選択して、最大500件の受付予約を一度に作成   2. 受付予約の複製機能 ボタン1つでWowDeskの履歴や予定一覧にある情報を複製して新規の受付予約を作成することができます。 従来は、受付予約の新規作成時には来客情報をその都度全て入力する必要がありました。そのため、頻繁に来社する方の情報入力を容易にしたいとのニーズがありました。 今回リリースした複製機能を使うことで、WowDeskにある過去の履歴や予定一覧の情報を利用して新しい受付予約を簡単に作成することができるようになり、受付番号発行時の負担が大幅に軽減されます。 利用者画面の履歴や予定リストの受付予約の詳細を選択して、予定の複製がおこなえます   3. 動画撮影機能のオンオフ設定 来客がWowDeskを操作している時の動画を撮影する機能をオンまたはオフにする機能を提供します(デフォルト設定はオン)。 WowDeskでは、受付をした来客の動画を社員が予め確認してから応対ができるようにしておりますが、導入される企業の個人情報保護ポリシーや受付周りのレイアウトによっては動画の撮影が不要な場合がありました。 この度のバージョンアップにより、管理者の方がこの動画の撮影機能を受付端末毎にオン・オフできるようになり、企業もしくは拠点単位で受付操作時の動画を記録する・記録しないを選ぶことができるようになります。 動画撮影機能がオフの場合、案内待ち動画は再生できなくなります   4.メモの表示形式の変更 WowDeskでは、作成した受付予約および履歴にメモを編集することができますが、これまでは詳細画面を開いて確認することが必要でした。 今回のバージョンアップにより、予定一覧および履歴の一覧画面にメモを表示するようUIを変更し、一覧を表示中にメモの確認や抜け漏れのチェックなどがおこなえるようになりました。     今回の主なアップデートは、上記4つになりますが、これらの他にも、受付端末や管理画面の表示上の細かな改善などをおこなっています。 なお、上記でご説明してきたすべての機能をご利用いただくには、WowDeskアプリを「AppStore」で最新版にアップデートすることが必要になります。   ▼アップデートをおこなった背景 今回、機能アップデートを行なうに至った背景としては、「WowDesk」が提供する3種類の受付方法のうち、最も業務改善効果が期待できる受付番号による受付方法をより利用しやすくすることが理由の1つになっています。 「WowDesk」は、受付への来客の到着を担当者・グループへチャットで通知することができ、受付の無人化・効率化を図ると同時に、来客対応にかかる対人接触回数を削減して安全で衛生的なオフィス環境を実現するサービスです。 利用可能な受付方法は、受付番号による受付、来客に情報入力をしてもらう受付、企業が予め設定した用件の中から選択しておこなう受付の3種類があります。これらのうち、来客に手間をかけることなく短時間で担当者へ通知ができ、さらに細かな来客履歴が残せる、受付番号方式をもっと利用したいというご要望がありました。 また、受付操作時の動画録画機能を各社のポリシーに合わせて運用できるように、というご要望も頂戴しております。

2021-04-06T09:05:30+09:002021/04/06|機能情報|

機能追加・アップデート|Outlook予定表登録機能ほか、計4つの機能を追加

「すべての人が自信を持って幸せに働ける世界をつくる」という企業ミッションを掲げ、創業以降、ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」や名刺管理ソリューション「CAMCARD BUSINESS(キャムカードビジネス)」という “普段のビジネスシーンをより快適にする” サービスを提供してきたワウテック株式会社。 このたび、弊社は、2019年10月に第3のサービスとして提供を開始したクラウド型受付システム「WowDesk(ワウデスク)」に新たな機能が4つ追加されたことをお知らせいたします。   ▼今回アップデートした機能をご紹介 Outlook予定表登録機能 案内待ち動画の全削除・複数選択削除機能 案内待ち動画の撮影日時表示 「ご確認」画面のメッセージ編集機能   1. Outlook予定表登録登録機能 ボタン1つでWowDeskの来客予定をOutlook(Exchange Online)の予定表に登録することができます。 受付予約の新規作成時または予定リスト一覧から「カレンダーに登録」ボタンを押すと、従来から利用可能なGoogleカレンダーに加えて、Outlookを選択することができるようになりました。Outlookを選択するとWeb版のOutlook予定表の画面を開き、来訪スケジュールが記入された状態になります。保存ボタンを押すだけで登録は完了します。 これにより、Microsoft365またはOffice365を利用している企業で、Outlook予定表をわざわざ開いてスケジュールを作成することなく、来客予定を登録することができるようになり、とても便利になりました。   ※上記画像内①部分:予定リストの「カレンダーに登録」でOutlookを選択、Outlook予定表にスケジュールを登録。なお、icsファイルのダウンロードにも対応しましたので、icsファイルのインポートに対応している様々なカレンダーアプリへの来客予定の登録も簡単になりました   2. 案内待ち動画の全削除・複数選択削除機能 WowDeskでは、来客が受付端末を操作した時の動画(案内待ち動画)を撮影して記録する機能がありますが、保存された動画は1件ずつ削除していく必要がありました。このたび、サーバーに保存してある動画全てを一括削除する、または複数を選択して同時に削除する機能を追加しました。 これにより、溜まってしまった過去の受付の案内待ち動画を容易に整理することができるようになりました。   3. 案内待ち動画の撮影日時表示 案内待ち動画の撮影日時を表示するようにしました。従来は動画が記録されてからの経過時間のみを表示していました。 ただし、今回の機能追加により、案内待ち動画一覧で「いつの受付時の動画なのか」が一目で確認できるようになりました。 ※上記画像内②部分:動画の全削除・複数選択削除ボタン、上記画像内③部分:動画撮影時間の表示   4.「ご確認」画面のメッセージ編集機能 WowDeskでは、受付端末を操作中の動画を記録する機能がついており、標準では来客に承諾を得るメッセージを表示しています。このたび、このメッセージを導入企業ごとにカスタマイズしたいとのご要望に対応し、管理画面からメッセージが編集できるようになりました。 これにより、導入企業の個人情報保護方針を明記するなどの柔軟な運用が可能となりました。 ※上記画像、赤枠内のメッセージを自由に編集できます   今回のアップデートは、上記4つになります。 上記でご説明してきたすべての機能をご利用いただく際、WowDeskアプリを「AppStore」で最新版にアップデートすることが必要になります。   ▼アップデートをおこなった背景 今回、機能アップデートを行なうに至った背景としては、「WowDesk」がAPI連携しているビジネスチャット・社内SNS「WowTalk」を通知アプリとして使用することが1つの理由になっております。 「WowDesk」は、受付への来客の到着を担当者・グループへチャットで通知することができ、受付の無人化・効率化を図ると同時に、来客対応に関わる対人接触回数を削減して安全で衛生的なオフィス環境を実現するサービスです。 ご利用いただいている企業から「導入中のグループウェアと連携させた使い勝手の向上」に関するご要望をいただいていました。 また、受付操作時の動画録画機能を各社のポリシーに合わせて運用できるように、というご要望も頂戴しております。 そこでワウテックでは、導入率が高いグループウェアであるマイクロソフト社の「Microsoft365」「Office365」の環境に合わせた機能と、記録した動画を各社がご利用しやすくなるように、と今回の4つの機能アップデートを実施いたしました。 今後も「WowDesk」は様々な機能を拡充していくことで、より利便性が高く、従業員にも来客にも親しみのある受付システムを目指していきます。   ▼WowDeskに関するお問い合わせ TEL: 03-5797-7393 E-mail: wowdesk.sales@wowtech.co.jp 製品のわかりやすい資料はこちら:https://www.wowdesk.jp/dl-form.html 30日間無料トライアル:

2021-02-02T07:19:47+09:002021/02/02|機能情報|

機能追加・アップデート|来客履歴の「エクスポート機能・メモ編集機能・削除機能」を追加

「すべての人が自信を持って幸せに働ける世界をつくる」という企業ミッションを掲げ、創業以降、ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」や名刺管理ソリューション「CAMCARD BUSINESS(キャムカードビジネス)」という "普段のビジネスシーンをより快適にする" サービスを提供してきたワウテックが、昨年(2019年10月に)第3のサービスとして提供を開始したのが、クラウド型受付システム「WowDesk(ワウデスク)」になります。 そして、このたび、その「WowDesk」に、来客履歴の "エクスポート機能" "メモ編集機能" "削除機能" という新たな3つの機能が追加、さらに1つの機能の仕様変更を実施したことをお知らせいたします。   ▼今回アップデートした機能をご紹介 ◎機能追加1|来客履歴のエクスポート機能 今回のこちらの機能追加によって、管理者画面からWowDeskで受付を行なった来客履歴(データ)を、期間を指定して、csv形式で出力(エクスポート)することが可能となりました。これにより、来客履歴をExcel等の表計算ソフトでデータ活用することができるようになり、来客数の集計やどの用件・部署宛の来客頻度が高いか等を分析することで、より適切な受付端末の設定を行なうことが可能となりました。 例) 来客履歴(データ)から会議室の利用状況や利用頻度を算出し、将来、新たにオフィスや会議室の増設・削減等を検討される場合に、その情報をもとに判断することができるようになります。 ※csvファイルに出力される項目は、【会社名】【名前】【訪問時間】【作成者】【受付端末名】【対応者】【予約番号】【メモ】になります ※下記は来客履歴のエクスポート画面(管理者画面)になります   ◎機能追加2|来客履歴のメモ編集機能 従来は、お客様来社の予約が「予定リスト」にある場合、受付予約ではメモを編集して保存することができましたが、(来客後の)来客履歴に移動してからは編集ができない仕様となっておりました。そして、今回の機能追加によって、来客履歴に移動した後もメモを編集して保存可能となりました。 これにより、来客対応後、打合せ時に感じたこと(お客様の特徴など)や打合せ内容、さらには昨今でいうと新型コロナ感染症対策の一環として検温情報をメモするのに使えるようになりました。 ※下記は来客履歴のメモ編集機能(利用者画面)になります   ◎機能追加3|来客履歴の削除機能 今回の機能追加によって、WowDeskの管理者設定されている方であれば、その来客履歴(データ)を手動で削除することができるようになりました。これにより不要な来客履歴(WowDesk設定時・設定変更時のテストのために使用した履歴など)を削除し、必要な情報のみを残すことが可能になります。   ◎仕様変更1|訪問部署の選択が必須に WowDeskでは、通常来客予約を行なうと「受付番号」が発行され、事前に来社される方に共有し、実際に当日は受付でタブレットにその番号を入力していただく仕様となっております。ただ稀に、事前に受付予約をしなかった場合や突然の訪問等で来社される場合、来客時に必要になる(来客予約設定時に発行される)受付番号が付与されていない状態ということも発生いたします。 その際、WowDeskでは、来社された方が「受付番号」を入力ができないため、「番号なし受付」ボタンを選択していただく流れになっております。 そして、これまで、外部の方が「番号なし受付」で来社された際は、訪問部署を未選択でも受付を済ませることができましたが、今回の機能アップデート(仕様変更)により、「どの部署」「どのグループ」宛の来客なのかを明確にする目的から、「番号なし受付」で来社された場合も訪問部署を必ず選択する仕様に変更となりました。 ※WowDeskアプリで番号なし受付を選択した画面で、訪問部署の選択が必須項目に変更。 ※WowDeskアプリを最新版にバージョンアップすることで対応します。   上記にありますように、3つの機能追加と1つの仕様変更を、このたびワウテックでは実施したしました。ちなみに、上記機能をご利用いただくにあたっては、WowDeskアプリを「AppStore」で最新版にしていただく必要がございます。アップデート対応をお願いいたします。   ▼アップデートを実施した背景 クラウド型受付システム「WowDesk」は、API連携しているビジネスチャット「WowTalk」を介して "お客様来社時の通知" を受け取れるようになっております。 そのため、受付にお客様が到着された際、その通知はお客様の訪問目的である「担当者」、もしくは来社予約をした際に設定したほかのメンバーやその方が所属しているグループへチャットで通知され、受付の無人化・効率化を図ると同時に、来客対応に関わる対人接触回数を削減して安全で衛生的なオフィス環境を実現するサービスとして注目されているクラウドサービスの1つです。 ちなみに、今回の機能追加の軸である「来客履歴」の情報(データ)の活用に関しては、実際にお客様からの要望として挙がってきていた「受付サービス」としての利用以外で、何か実用的に「WowDesk」を活かすことができないか、というニーズにお応えする形で誕生しました。 クラウド受付サービス「WowDesk」は、今後も様々な機能を拡充していくことで、より利便性が高く、従業員にも来客にも親しみのある受付システムを目指していきます。   ▼WowDeskに関するお問い合わせ TEL: 03-5797-7393 E-mail: wowdesk.sales@wowtech.co.jp 製品のわかりやすい資料はこちら:https://www.wowdesk.jp/dl-form.html 30日間無料トライアル: https://www.wowdesk.jp/trial_form.html 製品に関するお問い合わせ: https://www.wowdesk.jp/contact.html  

2020-12-17T12:18:40+09:002020/12/21|機能情報|

Googleカレンダー登録機能を含む4つの機能アップデートを実施|クラウド型受付システム「WowDesk」

ワウテック株式会社は、2019年10月にリリースした、クラウド型受付システム「WowDesk(ワウデスク)」の機能アップデートを行い、Googleカレンダー登録機能を含む4つの機能を公開したことをお知らせいたします。

2020-10-29T07:11:58+09:002020/10/29|機能情報|

ビジネスチャット「WowTalk」とクラウド型受付システム「WowDesk」のアカウント連携を強化|機能アップデート

企業ミッションに「すべての人が自信を持って幸せに働ける世界をつくる」を掲げ、これまでにも、利用社数7,000社超を誇るビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」を自社開発・提供、クラウド型名刺管理ソリューション「CAMCARD BUSINESS(キャムカードビジネス)」を提供するワウテック株式会社(東京都中央区、代表取締役 瀬沼悠、以下「ワウテック」)。 当社は、昨年10月に新たにリリースしたツール、クラウド型受付システム「WowDesk(ワウデスク)」の機能をアップデートを行い、当社が提供するビジネスチャット「WowTalk」との連携機能をさらに強化したことをお知らせいたします。

2020-10-13T11:59:05+09:002020/10/08|機能情報|

お客様来社時の”受付完了”のお知らせを音声通知!クラウド型受付システム「WowDesk」がスマートスピーカーと連携|機能追加

企業ミッションに「すべての人が自信を持って幸せに働ける世界をつくる」を掲げ、これまでにも、利用社数7,000社超を誇るビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」を自社開発・提供、クラウド型名刺管理ソリューション「CAMCARD BUSINESS(キャムカードビジネス)」を提供するワウテック株式会社。 当社は、昨年10月に新たにリリースしたツール、クラウド型受付システム「WowDesk(ワウデスク)」の機能のアップデートを行い、Google Homeをはじめとするスマートスピーカー連携機能(※1)を公開したことをお知らせいたします。 ※1:対応するスマートスピーカーは、Google Home、Google Nest等です。詳しくはお問い合わせください   ▼追加された機能詳細 ◎受付時の通知を音声でもお知らせ! クラウド型受付システム「WowDesk」は、API連携しているビジネスチャット「WowTalk」を通知アプリとして使用することで、受付への来客の到着を担当者・グループへチャットで通知することができ、受付の無人化・効率化を図ると同時に、来客対応に関わる対人接触回数を削減して安全で衛生的なオフィス環境を実現するサービスです。 新たにGoogle Homeをはじめとするスマートスピーカーと連携させて音声で通知をおこなう機能を実装したことで、チャットだけでは通知を見逃してしまう場合を考慮し、来客の到着を執務室内に音声でもお知らせすることができるようになりました。 WowDeskに表示されるスマートスピーカーの選択画面   ▼スマートスピーカー機能連携の背景 チャットでの来客通知は、担当者・グループへ直接通知をおこなうため取次業務が発生しなくなることから、 従来の内線電話による受付方法と比べて視認性が高くスピーディな応対ができるメリットがある一方で、担当者が離席中やスマートフォンを持っていない場合などに通知を見逃してしまうという懸念がありました。 今回のアップデートにより、スマートスピーカーの音声でも来客通知をお知らせすることができるようになり、受付時に担当者がチャットを見ていない場合でも来客の到着に気付くことができるようになります。 また、音声での案内があることでオフィスにいる他の社員が来客対応をフォローしやすくなるなどの効果もあります。社員の状態に関わらず受付の状況を知ることができるため、従来よりもさらに余裕を持った来客対応ができるようになりました。 WowDeskは、今後も様々な通知手段を追加していくことで、より利便性の高い受付システムを目指していきます。   ▼WowDeskに関するお問い合わせ TEL: 03-5797-7393 E-mail: wowdesk.sales@wowtech.co.jp 30日間無料トライアル: https://www.wowdesk.jp/trial_form.html 製品に関するお問い合わせ: https://www.wowdesk.jp/contact.html  

2020-10-09T13:05:04+09:002020/09/02|機能情報|

Top Sliding Bar

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.

Recent Tweets

Newsletter

Sign-up to get the latest news and update information. Don't worry, we won't send spam!

Bitnami